【地域別】人気子宝神社情報~梨花さんも妊娠した妊活スポットはどこ?

子宝神社人気ランキング常連スポットはもちろん、有名人が実際に訪れた、知る人ぞ知るスポットまで、「今すぐにでも子供がほしい」と願っている方々に、おすすめの子宝神社や子宝スポットを日本全国の中から厳選してご紹介します。

日本には、全国各地に子宝にご利益があるとされる「子宝神社」やスポットがたくさんあります。「子供を授かりたい」という切実な思いは、全国のまだお子さんのいらっしゃらないご夫婦やそのご家族に共通するもの。

 

そこで、全国にある「本当にご利益がある」と口コミでも人気の子宝神社・スポット情報をご紹介します。

 

最も有名な子宝神社といえばやっぱり水天宮

子宝神社と言えば、水天宮という方も多いのではないでしょうか。

水天宮は、江戸時代より安産・子授けの神として人々から厚い信仰を集め、平成30年で江戸遷座200周年を迎えます。

全国にありますが、とくに東京都中央区にある水天宮は全国各地から子授け祈願に訪れる人たちが多く、非常に人気の子宝神社です。

 

実は、この水天宮の総本山は東京ではなく福岡県久留米市にあり、1190年に初めて祀られてから現在まで、子授けや安産、水難よけなどのご利益があるとして知られ、九州地方でも非常に有名な子宝神社の一つです。

 

おすすめ子宝神社・スポット【関東編】

関東地方には、他にも有名な子宝神社がたくさんあります。

水天宮と並ぶに都心の人気子宝神社と言えば、永田町にある日枝神社。こちらの境内には赤ちゃんを抱く母親猿の像が安置されており、それをなでると子宝のご利益があるといわれています。

 

また、千葉県銚子市にある菅原大神は子宝神社人気ランキングの常連。

こちらは、別名がずばり「子宝神社」で、奉納されている「子宝石」を抱くと子供を授かれると言われています。

 

人気ランキング等ではあまり紹介されていませんが、知る人ぞ知る妊活スポットといえば、モデルの梨花さんが子授け祈願に参拝したと言われている「笠森観音」があります。

笠森観音は、奈良時代後期に創設された由緒ある神社で、参道にある「子授け楠」という神木の人が一人通れるくらいの大きな穴が開いている根本をくぐると子宝のご利益があると言われています。ちなみに、この子宝の神木「子授け楠」の穴は、夫婦でくぐること、男性(夫)→女性(妻)の順番でくぐるといった作法があります。

おすすめ子宝神社・スポット【関西編】

関西地方の中でも、京都は神社仏閣が多く、子宝祈願にご利益があるとされる神社なども多くあります。

有名なのは、嵯峨野の自然豊かな竹林に囲まれた中にある「野宮神社」。こちらは、秋篠宮殿下、秋篠宮妃殿下が参拝されてすぐに子供を授かったことでも有名で、境内にある神石の「お亀石」を撫でながらお祈りすると、一年以内に願い事が成就すると言われています。

 

京都以外にも、大阪にある「住吉神社」は、関西の人なら誰もが知っているほどの大きな神社。下関にある住吉神社と博多にある住吉神社とともに「日本三大住吉」と呼ばれています。

こちらは「一寸法師」のゆかりの地として知られていますが、物語の中で子供のいない老夫婦が子宝祈願に参拝したのが住吉大社だといわれています。

 

こちらには、境内の末社に、「種貸社」という社があり、元々は五穀の種を授かるための社とされ、五穀豊穣や商売繁盛のご利益があると言われてきました。やがて、稲には繁殖させる穀霊が宿っていると言われていることや、稲種を授かって豊作を祈るという信仰がもととなって、子宝のご利益もあると言われるようになり、今や人気の子宝スポットの一つとなりました。

そして、この住吉大社の種貸社で授与している「種貸人形」は子宝のご利益があるとして非常に人気があるので、訪れた際はチェックしてみるといいかもしれませんね。

 

日本全国にはたくさんの子宝神社や子宝スポットがあります。

どこへ行くか迷った際は、是非参考にしてみてください。