母乳と粉ミルクどちらで育てる?違いやメリット・デメリットを紹介

授乳は赤ちゃんの成長に必要な栄養を届けて、ママとのスキンシップにもなる大切な時間ですよね。授乳の方法には母乳と粉ミルクがありますが、違いやそれぞれのメリット・デメリットを比較してみていきましょう。

授乳は、ママと赤ちゃんがお互いのぬくもりを感じながら触れ合える大切なひとときですよね。母乳と粉ミルクはどちらがよいのかと悩むママもいるかもしれません。母乳と粉ミルクにはどのような違いがあるのでしょうか?

母乳と粉ミルクの成分の違いは?

母乳はママの血液からできているので、免疫が含まれています。特に赤ちゃんが生まれてから2~3日の間にでる「初乳」にはたくさんの免疫物質が含まれていて、生まれたての赤ちゃんの免疫力を高めて細菌などから守ってくれるのだそうです。粉ミルクには免疫は含まれていませんが栄養面では母乳とほぼ変わりがありません。母乳はママの食事や体調が影響することもありますが、粉ミルクはバランスのとれた一定の栄養価であることが特徴です。

母乳育児のメリット・デメリット

母乳は赤ちゃんが欲しがったときに、すぐに飲ませてあげられるのがよいですね。授乳はカロリーを消費しますので、自然に産後ダイエットができるという点もママにとってのメリットでしょう。デメリットとしては、ママが口にしたものが母乳に影響することを考えて、お酒や辛いものなどが好きであっても控えたり、薬が飲めないといったことがあります。また完全母乳だと赤ちゃんを預けることができないのでは?と心配になるママもいるかもしれません。母乳は搾乳して保存しておくことができるので、預け先でも母乳をあげることができます。母乳を冷凍保存するための密封パックや、冷蔵庫保存に適した哺乳瓶や専用ボトルもあるので利用してもよいでしょう。
粉ミルクのメリット・デメリット

粉ミルクの場合だと赤ちゃんが飲む量がはっきりわかるので、しっかりと飲めているか足りないのかがわかりやすいです。母乳は預け先で赤ちゃんにあげる場合の管理が難しいかもしれませんが、粉ミルクなら外出先でも簡単に作ることができるのでママ以外の人でも授乳しやすくて助かりますよね。粉ミルクはさまざまな種類があるので、赤ちゃんの状況に応じて必要な栄養が含まれたものを選んで飲ませてあげることができるのもメリットです。デメリットとしてはお金がかかることや、ミルクをその都度作ったり哺乳瓶を消毒する手間が少し増えることが考えられます。

授乳で赤ちゃんとの触れ合いを

母乳で育てても粉ミルクで育てても、授乳タイムは赤ちゃんと触れ合う大切なひとときであることは同じです。ママの体調や家庭の生活スタイルに合わせて、自分たちにぴったりの授乳スタイルを選んでみてくださいね。