子供の成長を祝うイベント「七五三」男の子と女の子での違いや由来は?

子供が誕生すると、いろいろなお祝い事が続きますが、七五三も子供の健やかな成長を祝うイベントのひとつ。最近では、以前ほどしきたりを重んじる家庭も少ないですが、子を持つ親としてはきちんとした七五三の知識を身につけておきたいもの。人には聞きづらい七五三の基礎知識をご紹介します。

子供のすこやかな成長を祝う七五三。きちんとお祝いしたいけれど、七五三について詳しく知らないというママも多いかもしれませんね。男の子と女の子ではどう違うの?お参りにはいつ行くのが正解?など、親なら知っておきたい七五三のあれこれについて解説します。

七五三の由来とは?

昔は乳幼児の死亡率が高く、7歳になるまでは子供の成長を願い、いろいろな儀式を行っていたそうです。無事に乳児期を終え3歳を迎えたことを祝う儀式、氏神様にお参りして成長した子供の姿を見せる儀式など、武家や公家で行なわれていたものが一般に広まり、現在の七五三の由来になったと言われています。
昔の習わしでは、生まれた年を1歳と計算する数え年で行っていましたが、現在では初誕生日を1歳とする満年齢で行うことが多くなっています。どちらの年齢で行うのも間違いではないので、七五三のお参りをする年齢は家族で話し合って決めるのが良いでしょう。

男の子と女の子の七五三の違い

七五三のお祝いは地域で少し違いがあり、男の子は5歳、女の子は3歳・7歳というイメージがある人もいるかもしれませんが、本来、男の子は3歳と5歳、女の子は3歳と7歳で行います。男女でお祝いする歳が異なるのは、古くからの伝統に基づいているためです。七五三の年齢の元となった、武家が行なっていた儀式をご紹介します。

○3歳のお祝い「髪置きの儀」
江戸時代には産毛を剃ると将来健康な髪の毛が生えると信じられていたので、3歳までは男女問わず坊主にするという習慣がありました。3歳になると髪を伸ばし始めてよくなり、その際に「髪置きの儀」を行っていたようです。

○5歳のお祝い「袴着の儀」
5歳で行う「袴着の儀」は、人生で初めて袴を着用する儀式。江戸時代、武士にとって袴は公の場で着ることができる盛装でした。幼い男の子にとって、この儀式は男として認められるという意味合いを持っていました。男の子だけが5歳のお祝いをする元となっているのです。

○7歳のお祝い「帯解きの儀」
7歳で行う「帯解きの儀」は、子供着を結んでいた付紐から大人の女性と同じ正式な帯に付け変える儀式。大人と同じ丸帯を付けるということは、女性として認められるという意味合いを持っていて、これが7歳のお祝いの元になっています。

七五三のお祝いはどんなことをすればいい?

本来、七五三は11月15日に行われるものです。これには所説あり、旧暦の15日は二十八宿の鬼宿日で鬼の出歩かない日と言われており、婚礼以外であれば何をするにも吉日とされていたという説や、5代将軍徳川綱吉の長男徳松の健康を祈ったという説などがあります。最近では日にちにこだわることなく、10~11月で家族の都合の良い日に行う家庭が増えています。
お祝いをすると言っても、どんなことをすればいいのかわからないという人も多いかも知れません。一般的には、家族で写真を撮り、神社で参拝をするスタイルが多いですが、きちんとした決まりがあるわけではないので、家族で子供の成長を祝うということが重要です。
また、服装は洋装でも和装でもどちらでも構いません。男の子は羽織・袴、女の子は晴れ着が正装ですが、普段着慣れていない服装だと嫌がる可能性もあります。せっかくのお祝い事で我が子のかわいい姿を写真に収めたいところですが、子供の機嫌を損なわないようにすることも大切です。両親は、フォーマルスタイルにしましょう。母親はせっかくの機会ですから、訪問着を着てもいいかもしれませんね。

子供の成長を家族でお祝いしよう

忙しい毎日の中では、子供の成長を実感する機会は少ないかもしれません。七五三で改めて、家族で子供の成長を振り返ってみてはいかがですか?堅苦しいイベントではないので、家庭の事情に合わせて、子どもの心に残る素敵な思い出を作ってあげましょう。