産後の「骨盤矯正」は必要なの?始めるならいつから?方法は?

取り入れる人が増えている、産後の「骨盤矯正」。大仕事である出産を終えて、体の不快な症状やプロポーションの悩みを感じたときに骨盤矯正を考えるママが多いようです。産後の骨盤矯正について、メリットや望ましい開始時期、方法などを紹介します。

出産後のママの中には、「なんとなく不調…」「スタイルがなかなか戻らない…」など、妊娠前と比べて体調や体型に大きな変化を感じる人も多くいるようです。その対策方法としてよく聞くのが、「骨盤矯正」。では、なぜ産後に骨盤矯正を行うのが良いのでしょうか。適切な時期や方法もあわせてご紹介していきます。

■産後の「骨盤矯正」メリットは?

産後に骨盤矯正を行うメリットはいくつかありますが、その中の2つを紹介します。
・体のバランスが整う
骨盤が正しい位置に戻ると、腰への負担が減ったり、歩きやすくなったりします。また、緩んだ骨盤はじん帯も広がっているので、矯正すれば骨盤周りの痛みも軽くなるかもしれません。
・血行と代謝が促進される
骨盤を矯正すると、正しく筋肉が使われるようになり、基礎代謝や上がったり消費カロリーが増えたりすると言われています。このことから、産後ダイエットのために骨盤矯正をするというママもいるようです。

■産後の「骨盤矯正」いつからいつまで?

出産直後~産後1ヵ月までは、子宮が元の大きさに戻るために収縮したり、内臓が本来の位置へ戻ったりという体の変化があります。そのため、あまり早い時期から骨盤の引き締めを行うとママの体の回復を妨げることもあるようです。産後1ヵ月ころまでは、赤ちゃんのお世話や軽い日常生活くらいに留めておきましょう。ただし、産後すぐに強い腰痛や恥骨痛などに悩まされている場合は、骨盤矯正をすぐ施術できることもあるようなので、気になる人は専門家に相談してみましょう。
産後特に問題がない人は、産後一ヵ月が過ぎて体が落ち着いた頃~産後6ヶ月までを目安に骨盤矯正を始めることがおすすめ。理由は、産後6ヵ月を過ぎてしまうと骨盤周辺の人体や関節が固くなり、矯正がより大変になるためです。
また、帝王切開での出産は、正常分娩のように赤ちゃんが骨盤を通っていないため、骨盤矯正の必要がないと思われがちです。しかし、妊娠中は出産へ向けて骨盤を緩めるホルモンが出ています。そのため、帝王切開で出産した人も産後は骨盤矯正をした方がよいでしょう。帝王切開した人の場合、術後のダメージや傷口の痛みから回復するために時間がかかるため、骨盤矯正開始の目安は産後2ヵ月頃からといわれています。どちらの場合でも、開始時期に迷った場合は、医師や助産師へ相談してみましょう。

■産後の「骨盤矯正」方法は?

産後の骨盤矯正は、プロに任せたり、自分で行ったりなどの方法があります。
・専門家による骨盤矯正
整骨院・接骨院・整体院などでは、骨盤矯正の施術のほか、筋肉の左右差やこりの状態についてチェックを受けられたり、正しい姿勢についてアドバイスを受けられたりします。専門的な知識のある人にしっかりみてもらいたい、骨盤矯正以外にも体の調子を総合的に見てもらいたい、という人におすすめです。

・自宅でできる骨盤矯正

書籍やネットの情報などを見て、自身で行う骨盤矯正の方法もあります。お金もほとんどかからず、自宅で気軽にできるのがメリットです。方法としては、骨盤や姿勢を支える筋肉を鍛え、柔軟性を高めるために関節の可動域を広げるよう、腰回りの体操やスクワット、骨盤底筋のトレーニングなどがおすすめ。簡単なことですが、日常から正しい姿勢を保つという当たり前なことも重要なことです。

■産後の骨盤矯正でママの体を整えよう

妊娠や出産でゆるんだ骨盤を正すため、産後におすすめの骨盤矯正。ママの体調を考慮しながら、適切な時期に、取り入れやすい方法で行いましょう。産後の体はママが思っているよりもダメージを受けているもの。焦って無理には行わず、ゆっくりと体調を整えてくださいね。