気になる産後の抜け毛…その原因や対策、予防法を徹底解説

多くのママが経験するのが産後の抜け毛です。毎日大量に抜けてしまう髪の毛を見て、不安を覚えるママも多いのではないでしょうか。この記事では、産後の抜け毛の原因や対策、予防法について詳しくご紹介していきます。

産後脱毛症、もしくは分娩後脱毛症とも言われるのが産後の抜け毛です。出産という一大イベントを終えたママの身体には、さまざまな変化が起こり、抜け毛もそのひとつ。しかし、シャンプーのたびに大量の髪の毛が抜けたり、なかなか抜ける量が減らなかったりすると、不安になったりストレスに感じてしまう人も多いようです。この記事では、産後の抜け毛の原因や対策、予防方法をご紹介していきます。

■産後の抜け毛、その原因は?

産後に髪が抜けてしまう主な原因は、女性ホルモンの変化です。妊娠している間は、女性ホルモンのエストロゲンとプロゲステロンが増加します。エストロゲンとプレゲステロンは髪の毛の成長を促進する働き、髪の毛の成長サイクルを長引かせる働きがあります。妊娠中にこれらのホルモンが増加することにより、髪の毛が抜けにくくなるのです。しかし、出産を機にエストロゲン及びプロゲステロンは一気に減少してしまい、妊娠期間中に抜けなかった髪の毛が、一気に抜けてしまうのです。さらに、産後は慣れない子育て、睡眠不足などストレスが増加し、抜け毛に影響を与えてしまうようです。
気になる抜け毛の期間ですが、女性ホルモンの分泌量及び生活習慣などで個人差はあるものの、産後半年から遅くとも産後1年程度で元通りになると言われています。

■産後の抜け毛対策には何がある?

産後の抜け毛は生理的現象ですので、過剰に心配する必要はありません。しかし、あまりに抜け毛が酷かったり、いつまでもおさまらなかったりする場合は、以下の対策を取ってみましょう。
・ストレスを溜めない
心配しすぎないこと、ストレスを溜めないことが大切です。産後はマタニティブルーなどで、些細なことで気分が沈んでしまうこともあるでしょう。しかし、産後の抜け毛は当たり前であるということ、いつかは元通りになるということを忘れず気持ちを楽にしましょう。ストレスを感じたら小まめに発散するよう心がけることも大切です。
・睡眠をしっかりと取る
ホルモンバランスを正常にし、疲れを溜めないために必要なことは、しっかりと睡眠を取ることです。しかし、赤ちゃんがいると睡眠不足に陥るのは当たり前。育児をしながらでも、赤ちゃんが眠ったら一緒に寝ること、夜も無理せず早めに寝ること、たまにはパパに赤ちゃんを頼んで睡眠をとること、などの対策をとりましょう。発毛の促進に効果的な成長ホルモンは、睡眠中に分泌されています。できるだけ睡眠時間を確保するように心がけましょう。
・規則正しい生活を送る
生活リズムが不規則だと、ホルモンバランスが崩れてしまいがちに。赤ちゃんの生活リズムに合わせつつ、ある程度規則正しい生活リズムを作っていくようにしましょう。しっかりとした睡眠、バランスの取れた食事、適度な運動で、メリハリのある生活を心がけるとよいでしょう。

■産後の抜け毛予防に効果的な食事

産後の抜け毛予防には、栄養バランスの取れた食事をとることが効果的です。特に積極的に取りたい栄養をご紹介しましょう。
・カルシウム
髪につやとコシを与えてくれるカルシウムを積極的に取りましょう。チーズや牛乳、小魚に多く含まれています。
・たんぱく質
たんぱく質は髪の毛の材料となる大切な栄養素です。特に、大豆に含まれるイソフラボンというたんぱく質は、女性ホルモンと類似した働きをして、髪の毛の成長を促進してくれます。
・ビタミンB群
レバー、まぐろ、カツオなどに含まれるビタミンB群はたんぱく質と一緒になって髪の毛を作りだしたり、頭皮環境を整えたりしてくれます。ビタミンB群は水に溶けやすいので、生のまま食べたり、焼いて食べたりする方が効果的です。
・ミネラル
昔から髪の毛にいいと言われるひじきやわかめなどの海藻は、ミネラルが豊富に含まれた食材です。ミネラルは、髪の毛を健康的に育ててくれる効果があると言われています。

あまり考えすぎないように

髪の毛が大量に抜けてしまうとショックを受けてしまいがちですが、産後に起こる当たり前のこと、と気楽に受け止めましょう。考えないように、と思ってもあまりに心配な場合はひとりで抱え込まず、パパや両親、産婦人科医などに相談してみてくださいね。