乾燥、かゆみ、湿疹…。つらい産後肌荒れ、その原因と対処法は?

産後、湿疹やかゆみなど、さまざまな肌荒れに見舞われている人はたくさんいます。特に授乳中の場合、むやみに薬を使いたくない、と対処法に悩むこともあるでしょう。そこで今回は、産後の肌荒れの原因や症状、対処法をご紹介していきます。

出産を境に、女性の身体はさまざまな変化を起こします。肌荒れもその中のひとつ。出産してから今まで使っていた化粧品が肌に合わなくなった、乾燥しやすくなった、ひんぱんに吹き出物ができる、など、出産後に肌に関するさまざまなトラブルで悩まされている人は多いようです。この記事では、産後の肌荒れの原因は何なのか、いつまで続くのか、対処法は?など、皆さんが疑問に思っていることを、詳しく解説していきます。

肌荒れを起こす原因は?

産後の肌荒れの主な原因のひとつは、ホルモンバランスの変化です。妊娠中はエストロゲン及びプロゲステロンという女性ホルモンが多く分泌されますが、出産を境に分泌量は減少します。さらに母乳の分泌を促すホルモン、プロラクチンが増加することで、ホルモンバランスが大きく乱れてしまいます。このホルモンバランスの乱れが肌荒れを引き起こすのです。また、育児によるストレスや疲れも肌には大敵。慣れない育児や慢性的な寝不足で蓄積した疲れとストレスが、肌荒れの引き金となっている可能性もあるでしょう。さらに、母乳育児をしているママは、体内の水分が母乳となって排出されるため、体が水分不足になり、便秘になりやすいと言われています。便秘は肌の新陳代謝に悪影響を及ぼすので、肌荒れの原因となる可能性も多いに考えられます。

産後の肌荒れ、主な症状は?

産後の肌荒れでは、主にどのような症状が現れるのでしょうか?症状には個人差がありますが、主に、かさつきやかゆみ、湿疹やニキビ、乾燥肌などに悩まされている人が多いようです。特に、妊娠前に肌トラブルに悩まされていた人は、産後、さらに症状が酷くなる可能性が高いと言われています。中には、産後に肌質がかわってしまい、今まで使用していた化粧品が突然肌に合わないようになってしまった、という人もいます。
また、産後はシミやそばかすができやすくなります。これは、妊娠中にメラニンが増加したことが原因です。ワキや乳首、おへそから下腹部へと伸びる黒い線、正中線などもともとメラニンが多い部分はさらに色が濃くなります。しかしこれは時間の経過と共に元の色に戻るので、あまり気にする必要はありません。
実は、妊娠中にママを悩ませる妊娠線も肌トラブルのひとつです。妊娠でお腹やお尻、太ももが急激に大きくなることで皮下組織と真皮に裂け目がはいってしまうのが妊娠線。産後初めて妊娠線に気づく、という人も少なくありません。この妊娠線も次第に薄くなっていきますが、妊娠線によりできたお腹の凸凹は、消えずに残ってしまうケースがほとんどです。

産後の肌荒れ、対処法は?

産後、肌荒れが起こった場合は、保湿をしっかりして、スキンケアに気を配りましょう。基礎化粧品を見直す、家に居るときはノーメイクで過ごす、肌に合った化粧品を使用するなど、しっかりとお手入れを行うことが大切です。
また、できるだけストレスを溜めないように気をつけましょう。赤ちゃんが眠っているときは自分も身体を休める、家族に赤ちゃんのお世話を頼みリフレッシュする時間を作るなど、心身共にリラックスできる時間を確保するのもよいでしょう。
他にも、便秘が肌に影響を与えていることも多いことから、便秘対策を意識することも大切です。特に母乳育児の人は、小まめに水分補給することが大切。あわせて食物繊維を積極的に食べる、バランスの良い食事をとるなど、食事にも気を配るようにしましょう。
いろいろ対策をとっても肌荒れが余りにも酷い、長引くなど気になる症状がある場合は、早めに皮膚科を受診してください。

あせらずじっくりと治していくつもりで

産後の肌荒れのほとんどは、時間の経過と共に自然に治まることが多いものです。あまりにも気にしすぎると症状の悪化につながる恐れもあります。
あまりに気になる場合は医師に相談するなどして、あせらずに、じっくりと治していくようにしましょう。