妊娠中の飛行機利用時に必要な持ち物や快適に過ごす方法とは?

里帰りや旅行など、妊娠中に飛行機を利用する機会がある人もいるでしょう。飛行機での移動は、短時間に長距離を移動できるなどのメリットがある一方で、妊婦さんには注意したい時期や必要な持ち物など、確認しておきたいポイントがいくつかあります。

遠方の実家に里帰りしたり、出張があったり、旅行に出かけたりと、妊娠中でも飛行機を利用する機会は意外にあるものです。そこで今回は、妊娠中に飛行機を利用する際の持ち物や、機内での快適な過ごし方などについて特集します。

■妊娠中は飛行機に乗ってもいいの?

妊娠中は、体調に問題がなければ基本的に飛行機を利用できます。おすすめの時期は母体、胎児ともに落ち着いてきた安定期です。一方で妊娠初期や、後期は注意が必要です。初期は、つわりがあったり、胎児も不安定な状態だったりと、突然のトラブルに見舞われる可能性が指摘されています。あらゆるリスクを考慮して、ほかの移動手段も検討してみましょう。出産が近い後期では、国内線(JAL、ANA)の場合、出産予定日を含め28日前からは、医師の診断書と同意書の提出、予定日の7日以内では、これに加えて医師の同伴が義務付けられています。里帰りは1カ月前を目安にする人が多いですが、飛行機を利用したいなら少し時期を早める方がいいでしょう。

■必要な持ち物やあると便利なものは?

妊娠中、飛行機に乗る際に必要な持ち物は、母子手帳と健康保険証、さらに担当の産科医や身内などの緊急連絡先を記したメモなどです。すぐ取り出せるよう、機内に持ち込むバッグや衣服に身に着けておきましょう。ほかにあると便利なものは、マスクやエチケット袋、ナプキンなどです。マスクは乾燥や感染の予防に、エチケット袋はつわりなどで気分が悪くなったとき、ナプキンは急な出血があったときなどに役立ちます。寒い時期にはブランケットなどを持参しておけば、冷え対策になるでしょう。

■機内で快適に過ごすには?

妊娠中は長時間同じ姿勢でいるのが辛くなる傾向にあります。また、いつもよりトイレの回数が増えることなども考慮すると、立ち上がりやすくトイレに近い通路側の席を確保しておくと安心です。延長用のシートベルトを借りることもできるため、過度に圧迫感を感じる場合は、乗務員さんに伝えましょう。また、血流が滞りやすい妊娠中はエコノミー症候群にも注意したいものです。足先を動かしたり、下半身のマッサージをしたり、水分をこまめに摂るなどの対策をとりましょう。なるべく楽な姿勢を取りながら好きな音楽を聴くなど、リラックスすることが快適に過ごすポイントです。

■医師への確認と体調を最優先に

妊娠中に飛行機を利用するときは、必ず担当医に相談しましょう。搭乗前に気分が悪くなったり、お腹に強い張りを感じたり、出血があったりと、いつもとは違う異変を感じたときには、搭乗を中止することも大切です。事前に航空会社の妊婦向けサービスを調べたり、客室乗務員さんに妊娠している旨を伝えたりしておくと心強いかもしれません。普段の利用とは違う妊娠中の空の旅。準備をしっかりとして快適に過ごせるといいですね。