妊娠中はどこまで体を動かしていい?臨月でもできる運動と注意点

妊娠すると、つわりがあったりお腹が大きくなってきたり、今までと同じ生活をするのが難しくなってきます。体を動かすのはつらいかもしれませんが、妊娠中の適度な運動は、体重増加を防いだり出産時に必要な体力を作ったりすることにもつながります。

出産は、想像以上の体力を消耗し、全身の筋肉を使います。その体力作りのためにも、妊娠中に運動したいと思っても、どんな運動がいいのかわからないという妊婦さんもいるかもしれません。そんな方のために、臨月でもできる運動とその注意点をご紹介します。

妊娠中の運動をしたほうがいい理由

妊娠中、特に臨月に運動をすすめる理由はいろいろありますが、体重増加の予防、むくみや腰痛などのマイナートラブルの回避、出産時の体力作りなどがあげられます。また、なるべく安静にと過ごしてきた妊娠初期から中期にたまったストレスの解消につなげることも可能です。妊娠中の運動をする上で忘れてはいけないのは、ママもお腹も赤ちゃんも経過が順調なこと。医師から安静にしておくよう指示があったときには、運動だけでなく家事も最低限のことだけにすることも大切です。

妊娠中におすすめの運動

妊娠中は、激しく体を動かすのではなく、無理なく続けることができる有酸素運動がおすすめです。たとえば、ウォーキングやスイミング、ヨガなどがあげられます。臨月になると、スクワットや昇降運動などを医師からすすめられる人もいるかもしれませんね。昇降運動は、大きなお腹で足元が見えない場合もあるので注意しながら行いましょう。雑巾がけなどの家事をするだけでも、妊婦さんにとっては立派な運動になります。妊娠していると、少し体を動かすと疲れてしまうこともあるかもしれません。休憩をはさみながら無理せず体を動かすようにしましょう。

妊娠中には控えた方がいい運動

妊娠前からしていて、慣れている運動を妊娠中も続けたいと考える妊婦さんもいるかもしれませんね。しかし、中にはなるべく避けた方がいい運動があります。テニスやゴルフなどの体をひねる運動です。ラケットを振ったり、スイングしたりすると、瞬間的に体に強い力が加わります。これは、流産や早産のリスクを高めてしまう可能性があり、母体や赤ちゃんにとってあまりよくありません。また、トランポリンや縄跳びなどの飛び跳ねる運動や、サイクリングなど転倒する可能性のある運動も控えましょう。

妊娠中は無理のない範囲で運動を

妊娠中の運動で大切なことは、無理のない範囲で行うということです。気になることがあれば、すぐにかかりつけの医師に相談して運動を続けるかどうか決めましょう。お腹の赤ちゃんと会える瞬間はすぐそこにまできています。体や心に負担のない状態でその日を迎えられるといいですね。