便秘解消にキウイが効果的っていう噂は嘘?ほかのフルーツは?

便秘解消に効果的というキウイ。実際にキウイは便秘解消の効果があるのでしょうか?キウイの成分について調査。ほかにも便秘解消をできるオススメのフルーツもご紹介。妊娠を経験したママから妊婦さんに向けてオススメの便秘解消法をお伝えします。

妊娠中にとてもつらい思いをしたといえば便秘でした。いろいろな方法を試しましたが、なかなか改善されず困った記憶があります。最近ではテレビでキウイが便秘改善に良いという放送があったり、妊婦さんの体にも良いという情報を目にしますが実際のところはどうなんでしょうか?キウイがもたらす効果について調べてみました。

 

キウイはとても栄養価が高いフルーツ

キウイフルーツ

皆さんはキウイを日頃よく食べていますか?キウイはビタミン食物繊維が豊富に含まれていて、美容・健康に良いフルーツとして有名ですよね。

他にもたくさんの栄養価があり、消化を助けるアクチニジン、高血圧に効果があるカリウムが含まれています。
なんといってもビタミン量が多く、疲労回復には効果的です。

キウイがなぜ便秘解消にいいのか?

便秘改善についてみなさんもご存知の通り、便秘改善には食物繊維が良いとされており、キウイが便秘に効果的なのは食物繊維のバランスの良さにあります。
実は食物繊維には2種類のタイプがあります。この2種類には異なる性質を持っています。

水溶性食物繊維

水溶性食物繊維とは、文字の通り水に溶ける性質がある食物繊維で善玉菌を育てる役割血糖値の上昇を抑える効果があります。善玉菌を育てる事によって、腸内環境を整えます。
粘度があって胃腸内をゆっくり消化をするので、お腹が空きにくくダイエットにも一役買っています。

昆布、こんにゃく、わかめ、キャベツ、リンゴなどに多く含まれています。

不溶性食物繊維

不溶性食物繊維は水に溶けにくく、水分を吸収して膨らむ性質があり、腸内のぜんどう運動を活発にさせて便通を促す効果があります。

キノコ類、こんにゃく、大豆、ごぼうなどに多く含まれています。

 

キウイはこの2種類の食物繊維がバランス良く含まれているため、腸内環境を整え、排泄効果も促すには良いと言われています。

キウイは便秘解消だけでなく、妊婦さんの体にも良い

妊婦にもおすすめ妊娠中は胎児へ必要な栄養を与えたり、母体を健康に保つために食生活にも気遣いが必要になります。
キウイは便秘以外にも妊婦さんにうれしい成分が多く含まれています。

葉酸

葉酸は赤ちゃん、ママにとって必要不可欠な栄養素で、先天性疾患の発症死産率などのリスクを低減させると言われています。

厚生労働省からも1日400μgの摂取を推奨されている重要な成分です。

カリウム

カリウムは余分な塩分を体外へ排出して、高血圧を抑える働きがあり、妊娠中に起こりやすいむくみ妊娠高血圧症候群がんの予防にも効果的です。

ビタミンC

美容にはビタミンC。とよく挙げられる成分です。妊娠中は赤ちゃんに栄養素を与える為、肌荒れになったり、栄養不足によって体調を崩すことも少なくないです。ビタミンCはその栄養素を補うので、美肌効果疲労回復に良い成分です。
免疫力も高まるので風邪の予防にもおすすめです。

ビタミンE

ビタミンEは血行の改善と女性ホルモンの分泌を促します。血行改善することによって冷え性予防に繋がります。また流産をしにくくなるともいわれています。

注意!便秘解消の効果が悪くなる食べ方もある

キウイの良くない組み合わせキウイは食物繊維が多く、便秘改善には効果的ですが、食べ合わせを間違えると思った効果を得られない場合も・・・
食べ合わせによってどのような悪影響を及ぼすのでしょうか。キウイと相性の悪い組み合わせを見ていきましょう。

よくない組み合わせとは?

それはバナナです。両方とも便秘改善にはよいと言われる果物ですが、一緒に摂取するのはNGです。
一緒に食べないほうがいい理由は消化酵素の違いにあります。

キウイには「アクチニジン」と呼ばれる消化酵素がで、こちらがタンパク質の分解を促進する働きがあり、バナナには「アミラーゼ」という消化酵素が用いられ、デンプン質を消化します。

なぜこの2つの消化酵素を組み合わせると良くないかというと、お互いの酵素が消化に影響を与えて、栄養の吸収が悪くなる事が挙げられます。

このように消化酵素の違いによって影響を及ぼす組み合わせがいくつかあります。
基本的にキウイのように酸味のある果物と甘い果物の組み合わせは好ましくないとされています。

オススメの食べ方について

オススメの食べ方についてではどのような組み合わせ、食べ方が良いのでしょうか。
簡単&美味しく食べられるオススメのレシピはコチラ。

キウイ+オリーブオイル

以前「世界一で受けたい授業」でも放送されていた「キウイ+オリーブオイル」をご紹介します。

その方法は簡単で、キウイを半分にカットして、オリーブオイルをスプーン1杯分かけて食べます。
これを朝、晩に1つずつ食べます。

食物繊維も豊富でバランスの良いキウイと潤滑油の役割をして便通を良くするオリーブオイルの組み合わせで便秘もすっきりされるというわけですね。

25年便秘に悩まされていた麻木久仁子さんもこの方法を実践して、便秘解消されていました。
便秘にお悩みの方には是非試してみてもらいたいですね。

キウイ以外にも便秘解消できるフルーツってあるの?

便秘改善が期待できるフルーツ冒頭にもお話した通り、便秘改善と深い関係である食物繊維。その食物繊維を多く含み、効果を期待できるフルーツをご紹介しましょう。

バナナ

先程も紹介したバナナも食物繊維やマグネシウム、オリゴ糖が含まれており、整腸効果便秘解消が期待できます。
キウイと同じく栄養価の高く腹持ちが良いので、時間のない日は朝にバナナを1本食べれば、手軽に栄養が取れるのでオススメのフルーツです。

リンゴ

リンゴにも多くの食物繊維が含まれており、腸内環境を整える善玉菌を増やす作用が働きます。
また、ペクチンという成分によって、キウイ同様に血糖値の上昇を抑える効果があったり、ポリフェノールといった抗酸化成分も含まれているのでアンチエイジングにも期待できます。

キウイの便秘解消効果についてのまとめ

キウイと便秘解消について調べてみましたが、成分をみても悪い効果はなさそうでした。皆さんもご存知の通り、食物繊維が重要ではないでしょうか。他のフルーツも食物繊維が多く含まれるものはいくつかあり、便秘解消効果を期待できるので、キウイ以外の選択肢もありかと思います。

妊娠中に必要な成分が多く含まれていたり、オリーブオイルとの組み合わせで効果を実感しやすいという点も踏まえると私はキウイをオススメします。