多くの妊婦さんが悩む便秘。辛い便秘の原因は何?おススメの解消法は?

妊娠中から産後は、便秘に悩まされる方が多くいます。妊娠や育児で体が辛いのに便秘ともなるとストレスも重なるので、日頃からの対策をしておくことがおすすめです。まずは、薬に頼らず、自分に合った方法で便秘を解消していきましょう。

妊娠中は何かとトラブルが起こりがちです。

特に、妊娠中便秘に悩まされる妊婦さんは多いです。産後も悩まされる方もいますので、長期間付き合っていくのはやはり辛いですよね。

 

妊娠中や授乳中は薬に頼らずに便秘を解消したいものです。妊婦さんにおススメな気軽に試してみたい便秘解消法をご紹介します。

妊娠中はなぜ便秘になるの?

便秘は女性に多い症状ですが、妊婦さんはなぜ多くの方が便秘に悩まされるのでしょうか。

 

◆黄体ホルモンの影響

 

妊娠中に活発に分泌される黄体ホルモンにより腸の蠕動(ぜんどう)運動が低下してしまいます。また、黄体ホルモンは体内に水分を蓄えるように働きかけるため、便の水分量が少なることで便が普段より固くなり排便しにくくなります。

 

◆大きくなった子宮が腸を圧迫

 

妊娠後期は子宮内の胎児が大きくなり、腸を圧迫します。圧迫された腸は、動きが鈍くなり血流も悪くなります。また、いきみにくくなることでも便が外に出にくくなります。

 

◆精神的なバランスが不安定に

 

妊娠中は精神が不安定になりがちな時期です。日常生活の中でも何かとストレスを感じることが多いと、自律神経の乱れに繋がります。ストレスが溜まっている状態では腸の動きが鈍くなります。

便秘が起きたときの対処法は?

◆食事・食べ物

 

妊娠中に気軽にできる予防法は、食事に気をつけることです。食物繊維の多い食品や便秘解消に役立つ食べ物を意識して取るようにしましょう。便秘解消に効果のある食べ物は、プルーン、バナナ、りんご、乳酸菌・発酵食品、オリーブオイルがいいとされています。

 

◆こまめに水分補給

 

妊娠中はホルモンの影響で大腸から水分が多く吸収されます。水分不足で便が硬くなって出にくくなりますので、水分もこまめに取るようにしましょう。

 

◆適度な運動をする

 

妊娠中、医師に指示されているようなことがなければ、適度な運動を積極的に行いましょう。運動することで自律神経を整えまり腸を刺激したりし、腸の動きを活性にしてくれます。

産後に起こる便秘の原因は?

◆体内水分量が減る

 

赤ちゃんへの授乳により、体の水分も多く失われてしまいます。妊娠中と同様、しっかり水分補給をしましょう。

 

◆会陰切開の傷が怖い

 

出産時に会陰を切開した人は、傷口を気にして排便でいきむのをセーブしてしまいます。しかし、肛門と会陰切開の傷口は別の場所にあるので、よほどのことが無い限り傷口が開くことはありません。

その他にも、育児ストレス、運動不足、睡眠不足なども便秘につながります。妊娠中と同じように、自分にあった予防をすることが必要になります。

自分に合った改善法を試してみましょう

妊娠中、産後と長期間悩まされる便秘。

薬には頼らずに、自然な方法で便秘を改善したいですよね。便秘が改善されると気持ちもとてもすっきりします。

 

楽しい妊婦生活・子育てのために、自分の体の症状と向き合いながら、その時に合った改善法を試して便秘を少しでも解消していきましょう。

&Momがオススメするサプリメント

快適スルン|妊婦さん専用便秘用サプリメント

快適スルン|妊婦さん専用便秘用サプリメント

食品成分のみで配合されているので安心してご使用いただけます。