冬の妊婦さんは防寒対策を!寒い冬をあたたかく過ごすための方法とは

冬の寒さは妊婦さんにとってもつらいもの。外出時はもちろん、お部屋の中でもあたたかく過ごすための方法を紹介します。妊娠生活をサポートする先輩ママ&妊娠中ママの体験談にも注目!妊娠生活の快適さを高めたい妊婦さん必見です。

冬になると、「はじめての妊娠だけど、冬の防寒対策はどうしよう」、「室内にいても足元が寒い…お部屋で使える妊婦向けのあったかアイテムはある?」といった疑問を抱える妊婦さんもいるでしょう。寒さをしのぐコツや温め方のポイントなどの知識があれば、寒い冬でも快適に妊娠生活を過ごせますよね。今回は、妊婦さんの冬の過ごし方や防寒対策について見ていきましょう。

■あたためるポイントは3つ

妊娠中の防寒対策は、あたためるポイントに注目することから始めましょう。
・首元
首元をあたためると寒さが和らぐと言われています。トップスは、タートルネックやハイネックを選んで首元をあたためましょう。外出時はマフラーやスヌードを使うとあたたかさがグンとアップ!
「妊娠中はタートルネックのトップスを毎日のように着ていました。たまにはVネックのトップスを着たい気持ちもありましたが、寒さの感じ方が全然違うので来シーズンまで我慢しました。」(29歳/1歳児ママ)
・お腹周り
妊娠中は腹巻を忘れずに。腹巻を使うとお腹だけでなく腰も一緒に温められるので、腰痛緩和の効果も期待できるでしょう。
「腹巻を使い始めてから腰の痛みが少なくなったような…。使い慣れると付けていないときのスース―する感じに違和感があります」(27歳/妊娠4か月)
・足首から下
忘れがちなポイントですが、妊娠中は足先までしっかりあたためることが大切です。タイツの上から靴下を履く、レッグウォーマー、ルームシューズなどでしっかり防寒対策しましょう。
「室内ではルームシューズを履いています。フローリングの床をそのまま歩くと冷えるし、スリッパと違って足の甲までしっかりあたたまりますよ」(30歳/妊娠8か月)

■リラックスしてゆったり過ごそう!お部屋での防寒対策

あたたかい部屋にいると防寒対策を忘れがち。気付かないうちに冷えていた…ということがないように気を付けましょう。
・腹巻
妊婦向けの腹巻はもちろん、ニットやシャギー素材など伸びのいい腹巻なら妊婦向けのものでなくてもOK。パイルや裏起毛タイプの腹巻など、生地に厚みがあると保温効果が高まります。
・レッグウォーマー
お部屋でタイツやレギンスを履いている人は、レッグウォーマーをプラスしてみましょう。足元のあたたかさとおしゃれさがアップします。いろんな素材&デザインがあるレッグウォーマーは、妊娠中のコーディネートを楽しめる便利なアイテムです。
・ブランケット
膝の上にかけたり、肩に羽織るようにかけたり、いろんな使い方ができるブランケット。お部屋に1枚用意しておくと便利です。起毛やフリース素材のブランケットなら、肌当たりがやさしくて気持ちいいでしょう。

■寒い日のおでかけも安心!外出時の防寒対策

しっかり防寒対策をすれば冬でも気軽に外出できます。
・コート
ゆるいシルエットのコートなら、妊婦さんでも窮屈さがありません。コートの種類としては、ダッフルコートやダウンコート、ポンチョなどがおすすめ。ポンチョはお腹が大きくなっても使えるおすすめのコートですが、下から暖かい空気が抜けてしまうのであたたかいトップス・ボトムスと組み合わせましょう。
・マフラー
首元をあたためるために、外出時はマフラーを忘れずに。スヌードやネックウォーマーでもOK。トレンド感のあるコーディネートにまとめたいときは、ファーティペットを使うと可愛いですね。ふわふわであたたかく、防寒と一緒におしゃれさも叶います。
・ブーツ
足首までしっかりあたためてくれるブーツは、冬の外出の強い味方。内側がモコモコのムートンブーツ、お気に入りのブーツにボアの中敷きを入れる、靴用カイロを使う、といった防寒対策がおすすめです。転倒の危険性を考えて、妊娠中はローヒールの靴を選びましょう。

■寒さをしのいで快適な妊娠生活を

妊婦さんの冬は寒さとの勝負。先輩ママ&妊娠中ママも、いろいろ工夫しながら防寒対策をしています。快適な妊娠生活を送るための参考として、紹介した方法やアイテムを活用してみてください。