立ち合い出産する・しない?夫婦で考えたい立ち合い出産について

出産に向けて夫婦で考えたいことのひとつ、立ち合い出産。あなたは立ち合い出産についてどう考えていますか?今回は、実際に立ち合い出産をした先輩ママ&パパの体験談をベースに、メリットとデメリットを見ていきます。

出産の場にパパや家族が付き添う立ち合い出産。「赤ちゃん誕生の喜びを分かち合いたい」「出産時は1人で集中して臨みたい」など、立ち合い出産に関する考えは人それぞれです。ギリギリまでどうするか悩んでいる人は、先輩ママ&パパの体験談を参考にしてみませんか?立ち合い出産のメリット・デメリットについて考えてみましょう。

■立ち合い出産はした方がいい!メリットについて

立ち合い出産には、出産の感動や大変さを分かち合うことができる、信頼できる人が近くにいることでママが安心できる、といったメリットがあります。実際に立ち合い出産を選んだ先輩ママ&パパはどんな感想を持ったのか見てみましょう。
「出産は夫の立ち合いありです。夫はあまり気が進まないようでしたが、私のごり押しで立ち合い出産を決めました。日頃から“パパになる自分の姿が想像できない”と言っていた夫への刺激になればいいと…実際に立ち合い出産を終えてからは、“私のごり押しに乗って良かった!”と言ってくれました。今では進んで育児を手伝ってくれる理想のパパそのものです」(27歳/6ヵ月児女の子のママ)
「出産のときは、夫と両親に立ち会ってもらいました。実際に分娩体勢に入ってからはあまりの痛さに意識がもうろうとしていましたが、夫と両親が声掛けをしてくれたり背中をなででくれたりしたのを覚えています。もともと痛みに弱く出産に不安が多かった私にとって、分娩室に家族がいてくれただけでも気持ちが楽になりました」(30歳/1歳児女の子のママ)
立ち合い出産を経験したパパの中には、「父親としての実感が生まれた」という意見もあります。出産に望むママのリアルな姿を見ることで、パパの気持ちにも何らかの変化が生じるのかもしれませんね。

■立ち合い出産はしない方がいいかも…デメリットについて

魅力的なメリットのある立ち合い出産ですが、出産に集中しにくい、誰かに見られるのが恥ずかしい、などというデメリットもあります。立ち合い出産はしない方がいいかも、と考える先輩ママ&パパは、実際にどんな経験をしたのでしょうか。
「夫は仕事の関係で産院への到着が遅れ、着いたときには分娩の真っ最中でした。後から夫に聞いたところ、分娩室に入った瞬間かなりの温度差を感じたと言います。私自身、夫が来てからは出産に集中しにくくなったのを覚えています。恥ずかしいというより見られていることが気になったので、やっぱり立ち合い出産にしない方が良かった…というのが正直な感想です」(30歳/8ヵ月児男の子のママ)
「1人目のときは立ち合い出産でした。想像以上の痛みに耐えきれず、叫んだり暴れたりするシーンも…友人に勧められて決めた立ち合い出産でしたが、出産後に思い出すたびに“夫にすごいシーンを見せてしまった”と苦い気持ちになってしまいます。現在2人目を妊娠中ですが、早々と“今回は立ち合いなしでお願いね!”と夫に伝えています」(29歳/2歳児女の子のママ)
出産を振り返ったときに、「やっぱり立ち合わない方が良かった」と感じる先輩ママ&パパもいるようです。

■メリットとデメリットの両方を見てから決めよう

立ち合い出産する・しないを決めるときには、メリットとデメリットの両方を考えてみることが大切です。自分たちにとって何が優先すべき要素なのか、まずは夫婦でじっくり話し合ってみましょう。先輩ママ&パパの体験談も参考にしながら、自身の価値観に合う出産シーンを決めてくださいね。