出産に向けて何が必要?出産準備で揃えておきたいアイテムとは

出産が近づいてきたら、入院に向けてじゅうぶんに準備しておくことが大切です。「ママである私自身に必要なアイテムは?」、「赤ちゃん用には何を用意したらいい?」といったプレママの疑問解決をサポート!出産前の入院から出産後退院するまでの期間を対象とする“出産に必要なアイテム”の情報を集めました。

はじめて出産を迎えるプレママにとって、“出産に必要なアイテム”と言われてもなかなかピンとこないもの。しかし、きちんと準備ができていないと安心して出産を迎えられませんよね。出産準備に不安があるプレママに向けて、出産前の入院から出産後の退院までに必要なアイテムを、ママ編と赤ちゃん編の2つに分けて見ていきましょう。

■ママの入院生活をサポート!~ママ編~

・マタニティ下着
ブラジャー、インナーキャミソール、産褥ショーツなど。産後の授乳を考えて、ブラジャーとキャミソールは“授乳のしやすさ”を考えて選びましょう。洗濯の枚数に余裕を持たせるなら3~4セット用意しておくと安心です。
・マタニティパジャマ
入院の季節に合わせて選ぶのがポイント。授乳口付きや前ボタン付きのパジャマだと、授乳しやすくなります。2枚程度だと洗濯が追い付かない可能性もあるので、余裕を持って3~4枚用意しておきましょう。
・羽織り物
夏でも薄手の羽織り物を1枚用意しておくと、空調などで急に寒くなったときに役立ちます。冬は厚手のカーディガンやフリースなど、保温性の高い羽織り物がおすすめです。
・靴下やスリッパ
靴下は足元の冷えや汗による違和感の軽減に。スリッパは産院に用意してある場合もありますが、好みの素材や自分に合う形のスリッパを用意しておくと入院生活がより快適になるかもしれません。
・洗面用具
歯磨きセットやスキンケアセット、シャンプー、リンスなど。産院にある場合もあるので、先に確認しておくとよいでしょう。
・母乳パッド
早い人では出産前に母乳が出始めることもあります。使い捨てタイプなら選択の手間が省け、衛生面も気になりません。
・清浄綿
個包装タイプだとより衛生的に使えます。
・退院時の服
産後すぐに妊娠前の体形にもどることはなかなかないため、少しゆとりのある服装を用意しておくと安心です。先に用意せず、入院中に家族に持ってきてもらう人もいます。

「母乳パッドは用意しておいて正解。母乳パッド付きの授乳ブラジャーがすぐにびしょびしょになるので、母乳パッドがないと洗濯が追いつきません」(29歳/0歳児ママ)
「清浄綿はいろいろ使えます!授乳後の赤ちゃんの口元を拭いたり、母乳や汗のベタつきを拭いたり、赤ちゃんとママの両方に使えますよ」(31歳/0歳児ママ)
他にも、うちわ、ストロー付きペットボトルキャップ、ジェルタイプの熱冷ましシート、カイロなど、用意しておくと便利なアイテムもあります。

■生まれたての赤ちゃんのお世話に!~赤ちゃん編~

・肌着
短肌着、長肌着、コンビ肌着など。新生児は汗をかきやすいので、多めに用意しておくと安心です。
・ベビーウェア
入院中に赤ちゃんが着る服です。産院によってはベビーウェアを用意している場合もあるので、入院前にチェックしておきましょう。
・ガーゼ
授乳時や赤ちゃんの体を拭くとき、汗取りシートとしてなど、いろんなシーンで使います。多めに用意しておきましょう。
・退院時の服
退院時の服はセレモニードレスが主流ですが、白っぽいベビーウェアで代用するママもいます。
・チャイルドシート
退院後に自宅へ向かうまでの車内で必要になります。

「私が出産した産院では、ベビーウェアと肌着が一体になっている服を用意してくれました。赤ちゃん用の荷物が減ってありがたかったです」(31歳/1歳児ママ)
「ガーゼをどれぐらい用意したらいいかわからず、20枚持って行きました。入院後に院内を見てみると、ガーゼや清浄綿を購入できる自販機が…事前に産院の設備をチェックしておくことをおすすめします」(27歳/0歳児ママ)
産院によって用意しているアイテムが異なるので、気になる人は入院前に聞いてみましょう。

■早めの準備を心がけて

出産に必要なアイテムは、数が多くて揃えるのにそれなりの時間がかかります。まだもうちょっと時間があるから…と先延ばしにせず、早めの準備を心がけましょう。出産の季節や産院の設備、入院時の快適さを考えて、必要なアイテムを選んでくださいね。